SaaSとSaaSを繋げて業務自動化をしたい

FacebookLinkedInTwitter
#自動化#サービス間連携

2021-09-01

プロフェッショナルサービススタートアップ向け

なんでもかんでもSaaSの時代なのに、連携いまだに難しくない?

今や営業やマーケティングからバックオフィスに至るまで、多くの社内アクティビティはSaaSによって成り立っています。新型コロナウイルス感染症はこの状況に大きく拍車をかけました。

サービスの連携が話題になる一方で「アタシのやりたいことができぬ・・・」と憤っている方も多いのではないでしょうか。また、API、Oauth2、SAML、Webhookなどエンジニアが介入しないと触れないインターフェイスもしばしば。No codeのツールも専門用語で溢れがちです。


まじで全部自動化したい

この記事を書いてる私は、何を隠そうSaaSとAPIを使うのが大好き

夫婦の会話は全てSlack、Botが洗濯機の終了状況を通知、Asanaでタスクが流れます。夫婦のGoogle Calendarで家族の予定を管理し、家庭内のスマート家電は全てAPIで繋がって自動的に動きます。よく使う書類は自動的にPDFが作成され、メールに転送、会計の最新情報はSpreadsheetに自動的に整形して入る...そう、とにかく自動化したい。


という話をすると、必ず質問されるのが「じゃぁこういうことってできないの?」

できます!やらせてください!

あなたのためだけのオーダーメイド自動化やってます

必ずしも全てのご要望に答えているわけではありませんが、あなたのためだけの自動化、やってます。

例えば

  • 社内SNSの特定グループに投稿された内容をコピーしてAsanaに自動展開し、新しい投稿があればSlackのチャンネルに投げておく
  • Google Formから投稿された内容をHubspotの顧客リストに入れて、条件が合致したものはNotionのテーブルにも登録
  • 特定のメールが来たら、そのメールアドレスと内容を含む帳票をGoogle Docsで自動作成して、月ごとにフォルダリングしてGoogle Driveに入れておく
  • オフィスのドアが施錠されたらフロア中のGoogle Homeを使って、英語で「ドアが施錠されました」と放送する
  • Google Driveが共有されたら、条件に合致したものだけ7日後に共有解除して結果をSlack通知
  • 特定のサイトを定期的にクローリングしてメールアドレスをSpreadsheetに書き出す

といったものをお届けしています。

自宅開発みたいにさくっと作って欲しい

例にあげたような連携は、サービス間連携だけで実現することは必要不可欠です。当社では、これらの連携を「75%の品質で高速に」もしくは「それなりの費用をかけて90%の品質」でお届けしています。

多くのお客様から「受託で開発を頼むほどではないが、社内のエンジニアの工数を使うのは惜しく、しかも作ったところで何年も運用するかは分からないから、、、」というお声を頂いています。

当社では、この声に答えるべく「じゃぁ品質はちょっと犠牲にするけど、自宅開発や社内開発のように複雑な要件は抜きにさくっと使えるところまで作る」というコンセプトでお受けしています。

もちろん、しっかりと長く使えるよう設計しお届けしたり、中長期に渡って保守することも可能です。


しかも、価格も(保証はしませんけど)驚くほど、安く明瞭です。

なんでやってるのか

当社も成長を目指すスタートアップとして日々システムや業務の改善を行っています。自動化を追求する理由は自社が自動化を追求したい会社であるからとも言えます。

社内には、すでに当社のメンバーが当社にジョインする前から趣味で作った連携用のライブラリが30を超えて存在しています。こういったリソースを効率よく使い、ビジネスをスマートにしたい!という想いでやっています。


お問い合わせは、下記からお気軽にどうぞ!

(C) 2020-2021 Skygate Technologies