Day 7:連載の終わりに ~SPACETIDE 2020 YEAR-END特集 7 days カウントダウンブログ~

FacebookLinkedInTwitter
#SPACETIDE2020

Written by Skygate Technologies PR team

2020-12-07

ブログ

こんにちは! スカイゲートテクノロジズCEOの粟津です。

前回は、地上局とセキュリティのお話をしました。

ここまで6回にわたり、弊社や地上局の世界について連載してきました。いかがだったでしょうか。ここまで、ご覧いただいた方に感謝申し上げます。散文的になってしまいましたが、私達の認識や会社、事業や市場のイメージついて、少しでも皆さんの理解が進んだら幸いです。

今回は、「SPACETIDE 2020 YEAR-END特集」連載の最終日として、SPACETIDEについての紹介と、登壇への意気込みをお伝えします。

SPACETIDE 2020 YEAR-ENDに登壇します!

さて、改めて、SPACETIDEの紹介です。

SPACETIDEは「民間による日本最大規模の宇宙ビジネスカンファレンス」で、年間を通じて様々な宇宙関連イベントを開催しています。また、宇宙のみならず産業横断的な取り組みも多数していることで知られています。今年は、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小していますが、宇宙ビジネスの1年を振り返るイベントとして「2020 YEAR-END」が開催されます。

恐縮ではありますが、私もニュープレイヤーのCEOの一人として、登壇させて頂くことになりました。すでにチケットは完売という人気のイベントです。(ご興味のある方は、Twitterアカウントなどをフォローすれば、見逃すことはないかなと思います!)

で、プロダクトのローンチはいつ?

2021年の早い時期に皆さんにお目見えできればと思っています!

弊社にご興味をもたれた方は、ぜひお気軽にご連絡下さい。弊社ではいつでも人材を募集していますし、アライアンスや商談ももちろんお待ちしています。

あなたの手で宇宙とクラウドを繋ぎませんか?

連載の終わりに

今回のブログ連載は、登壇の機会にあわせて「自分たちが今までもらった色んな人から頂いたクエスチョンを答えとして発信したいよね」という想いでスタートしました。一方で、シードという極めて最初の時期に、自分たちの認識を言語化できてよかったと感じています。

いつか見返したときに「解像度が甘かったな」とか「仮説が間違っていたね」と笑う日が来るのかもしれません。ただ、私達は、ある意味で宇宙とクラウドのコミュニケーションのインフラを担う企業として、自分たちの情報や考えを透明性をもって発信していきたいと思っています。

もちろん、この連載や私達に対するフィードバックもお待ちしています!

(なお、ロゴやイベント名の利用を快諾して頂きましたSPACETIDE関係者の皆様には御礼申し上げます!爆速でご回答を頂き助かりました!)

今回の記事を通じて、宇宙とクラウドの世界に興味を持つ人が一人でも増え、業界によりたくさんの人が関わるようになり、宇宙とクラウドが発展していくことを切に祈っています。

(C) 2020-2021 Skygate Technologies