STP-603

電磁波セキュリティ:基本技術編 <対面>

内 容

防衛・製造業のエンジニアの⽅向けに、無線システム(IoT・FA・⾞載機器も含む)を対象に電磁波に関するセキュリティ知識と防衛・対応策を習得していただくプログラムです。

開催日

第1回 2022年01月21日 13時00分〜18時00分

第2回 2022年02月18日 13時00分〜18時00分

第3回 2022年03月18日 13時00分〜18時00分

プログラム概要

近年、WiFiやBluetooth、IoT向けの無線システムを経由したサイバー攻撃が増えています。従来の攻撃ベクターと異なり、フィジカルな攻撃は通常のセキュリティアプライアンスでは検知しづらく、リスクアセスメントも困難です。また、技術的には電磁波(無線)とサイバーセキュリティのどちらの領域も横断する知識が必要となります。

このプログラムでは、無線システムに対する汎用的なサイバー攻撃を想定し、電磁波とサイバーを組み合わせた攻撃の手法の基本的な考え方を習得するとともに、実際の攻撃ツール等の展示を通じて具体的な知識とイメージを習得します。

※本プログラムは基本技術編です。2022年第2四半期(令和4年度4月)以降に実践技術編・応用技術編(仮)が予定されています。

学習目標

  • 無線システムに対する電磁波とサイバーを組み合わせた攻撃手法の基本的な事項の理解

対象者

  • 防衛及び公安関係者(電磁波及びサイバー領域に関する調査研究・任務の遂行を行う方)
  • 無線システムの運用または製造に関するサイバーセキュリティの責務を負っている方

前提知識

  • セキュリティに関する基本的な知識
  • 無線に関する基本的な知識

内容

  • 無線システムに対する脅威の概要
  • 電磁波領域とサイバー領域を組み合わせた脅威の概要
  • ソフトウェア無線の技術基礎
  • 一般的なプロトコルに対するリスクと防護策

価格

¥200,000(税込¥220,000)

会場

東京都内(新宿・渋谷エリアの予定)

備考

お申し込み・ご予約フォーム

ご参加日程

参加者情報

病気・急用等の事情により、お申し込みされた参加者様とは別の方がご参加される場合には、当日、当社にお申し出ください。

個人で申し込まれる場合には、会社名等には「個人」または個人事業主の屋号等をご記載ください。

複数名参加されます場合には、人数をご確認の上、代表者のお名前をご記入ください。

ご請求先情報

受講後、当社より請求書を送付いたします。


Follow Team Skygate

FacebookLinkedInTwitter

(C) 2020-2022 Skygate Technologies